NPO法人 お互いさまねっと公田町団地

横浜市栄区 NPO法人お互いさまねっと公田町団地「みんな元気!気軽にふれあう場所にしよう♪」

ホーム

お互いさまねっと公田町団地について

お互いさまねっと公田町団地

平成20年6月、公田町団地の住民を中心に、団地の見守りと支え合いの体制をつくるため
「お互いさまねっと公田町団地」が発足しました。8月のタウンミーティングを経て、10月から
「あおぞら市」と「相談事業」を始めました。

平成21年9月には神奈川県知事の認証を受け、新たに「NPO法人お互いさまねっと公田町団地」となりました。
毎週火曜日に開かれる「あおぞら市」に加えて、コンビニエンスストアの撤退した空き店舗を活用して
多目的拠点「お互いさまねっと いこい」を整備し、交流サロンや介護予防事業等の取り組みを行っています。
また、多目的拠点に「お互いさまねっと安心センター」を設け、見守り活動や買い物支援などの強化に取り組んでいます。

「お互いさま」のかたち&イメージは?

単に、見守る人⇔見守られる人、助ける人⇔助けられる人という関係ではなく
そこに住む誰もが、自分にできることを通してみんなが安心・安全に永く住み続けることができる
「地域づくりに参加しよう!」という「お互いさま」を目指しています。

ページトップへ
2011/08/30
ゆうパック好評です!
「いこい」では、ゆうパックのお取り扱い、はがきや切手などの販売も行っています。